このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド年収マガジン用語集 > 大局観とは 意味や英語表現、将棋での使い方

大局観とは 意味や英語表現、将棋での使い方

2021年05月20日 70 用語集

主に将棋で使用される事が多い「大局観」という言葉。

将棋の永世七冠、羽生善治さんが頻繁に発言しているキーワードですが、一般的には使用されることが少ない言葉であり、馴染みのない人が多いかもしれません。

「大局観」の使い方と正しい意味について詳しく解説します。

 

大局観の意味

大局観

読み方:たいきょくかん

「大局」、「大局的」とは全体を見渡した場合の情況のこと。

「大局観」とは部分的な小さな問題にとらわれず、全体として状況がどのように進行していくのかを判断する能力・見方のことを言います。

主に将棋や囲碁で使用されてきた言葉ですが、将棋や囲碁では一手指すごとに累乗的に選択肢が増加していき、10手先を読もうとするだけでも総数は天文学的な数になります。

完全には先が見通せない中で、将来の形勢を予想する能力が大局観です。

現在では将棋界のみならず、ビジネスや人生での判断においても使用されるようになっています。

大局観の判断のもと

大局観は何も意味なく「勘」だけで判断されるものではありません。

その場の状況や雰囲気、印象など今までに経験し培ってきた過去の経験則から生み出されるものです。

大局観の使い方

代表的な「大局観」の使い方を紹介します。

暴落相場の中でもA社の回復すると予想して株を売却せずに、その後、高値で売却したケース。

 

あの暴落相場の状況でもA社の株を持ち続けていたのか!
彼の大局観は凄いね!

将棋のプロが序盤だけ好調になりがちな期士に対して

 

彼は序盤は良いんだけれど、最終的には負ける事が多いね。
結局、大局観が無いんだよ。

大局観の例

目先の利益に捉われるのではなく長期的な視野に立って、物事を判断する。
これが大局観の顕著な事例です。

将棋

この一手を差せば、相手の駒得になり、不利にはなる。

ただ、その駒を渡したとしても決定的に不利になる手が相手には無いと予想して、うまく差し続ければ最終的にはこちらの勝利になる可能性が高いと判断した。

駒得を与えてしまったことにより相手に押し込まれる形が続いたが、相手に決め手のないまま進行し、最終的には逆転することができた。

ビジネス

とあるビジネスコンペで

A社は価格も安く品質もよく大手ではあるが、取引先が多いために仕事が大変なのか、社員がどこか疲弊している印象を受ける。

B社は品質は良いが小さい企業のため価格が高い。
しかし、B社はワークライフバランスに力を入れており、どの社員も活き活きと働いている。

現時点ではA社と契約した方が明らかにメリットがある。

しかし、将来的に、長期的にみると最終的にはB社の方が伸びていくと判断し、今後の付き合いを考えてB社と契約することにした。

B社は10年後に優良企業へと成長し、これまでの縁からB社の独占販売権を取得。
当社は結果として多額の利益を得ることができた。

小さな大局観?を知らず知らずのうちに使用している

例えば、このようなことはないでしょうか?

・第一印象で良い人と感じたり、胡散臭いと感じたりする。
・理由はわからないが、この道は間違っている気がする。

上記の事例は厳密には大局観とは異なりますが、今まで経験した過去の情報をもとに未来を予測する事は人間であれば知らず知らずのうちに行っています。

運営チーム

理由はわからないけど、なんとなく良い悪いを判断していることはよくあるはず。
この例は短期的なものですが、より広い「大局」を判断するものが「大局観」です。

大局観の英語表現

大局観の英語表現としては

perspective
考え方、見方、(物事を見通す) 釣り合いの取れた見方、遠景の見通し、眺望、前途、将来の見通し

を使用するのが一般的です。
チェス用語の

strategy
戦略、(目的達成のための)計略、策略、計画

が使用されることもあります。

この記事を書いた人
年収ガイド運営チーム

様々な専門知識を持ったスペシャリストチーム。
金融・人材系の知識が強い。