このエントリーをはてなブックマークに追加

年収ガイド公務員系年収データ職業・資格別年収ランキング>法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収と給与・ボーナス・退職金・生涯年収

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収と給与・ボーナス・退職金・生涯年収

「国家公務員給与等の実態統計調査の結果」より、法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収・給与状況を掲載

2016年07月17日 2019年09月17日

人事院発表「国家公務員給与等の実態統計調査の結果」(2020年)より、2020年の法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収・給与状況を掲載しています。

このページを見れば、法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収・収入データが全て網羅できる様に平均年収・月額給与・賞与(ボーナス)・初任給・退職金・生涯年収・生涯賃金から給与の決め方までありとあらゆるデータを掲載しています。

2020年の平均年収は664万3495円。

サラリーマンの平均年収の約400万円と比べると、法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の恵まれた収入状況が数値として表れています。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)とは

法務教官とは少年院や少年鑑別所において罪を犯した少年少女に対して、更正のための指導やサポートを行う職業です。

法務教官と刑務官は一見、似通った職業のように見えますが、本質は大きく異なります。

刑務官
成人である入所者を管理する事に重きを置く。

法務教官
非行を犯した少年の状況を把握して問題点・改善点を見出し、更正を手助けする事に重点が置かれています。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の平均年収と月額給与・ボーナス

2020年
法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)

平均年収: 664万3495円

平均年齢:40.6歳
給料(月額):34万23円
諸手当(月額):7万293円
総支給給与(月額):41万316円
ボーナス:171万9703円

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収はおおむね650万円前後で推移しています。

国家公務員である刑務官は国(人事院)が一括して給与体系を決定しています。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の平均年収推移データ

月額給与 ボーナス・賞与 年収
2020年41万316円171万9703円664万3495円
2019年41万1640円174万5244円668万4924円
2018年40万9823円172万748円663万8624円
2017年40万7592円169万3877円658万4981円
2016年40万6808円165万4932円653万6628円
2015年40万8785円162万7857円653万3277円
2014年40万7617円158万9291円648万695円
2013年38万171円128万9023円585万1075円
2012年38万364円129万119円585万4487円
2011年40万8793円154万812円644万6328円
2010年40万9518円154万3810円645万8026円
2009年41万1827円163万1739円657万3663円
2008年41万5475円178万5551円677万1251円
2007年41万7115円178万8642円679万4022円

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の平均年収はおおむね650万円前後を上下する形で推移しています。
ボーナスも例年170万円前後を推移しており、概ね上場企業の平均と同様の水準といえます。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の初任給

【2019年】

矯正心理専門職 法務教官 保護観察官
246360円 246360円 216840円

【2018年】

矯正心理専門職 法務教官 保護観察官
244320円 244320円 215040円

*東京都特別区内に勤務する場合

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)のボーナス

年齢 ボーナス
22歳90万3466円
23歳94万8996円
24歳99万4526円
25歳104万56円
26歳108万7899円
27歳113万8057円
28歳118万8214円
29歳123万8371円
30歳129万846円
31歳134万5640円
32歳140万434円
33歳145万5229円
34歳150万5434円
35歳155万1054円
36歳159万6672円
37歳164万2290円
38歳168万4020円
39歳172万1861円
40歳175万9703円
41歳179万7544円
42歳183万3675円
43歳186万8098円
44歳190万2520円
45歳193万6943円
46歳197万4062円
47歳201万3876円
48歳205万3691円
49歳209万3505円
50歳212万1931円
51歳213万8965円
52歳215万6000円
53歳217万3036円
54歳218万6734円
55歳219万7097円
56歳220万7461円
57歳221万7824円
58歳220万6433円
59歳217万3289円

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年齢別ボーナス推移です。

採用時には約90万円程度のボーナスですが、35歳くらいに150万円を突破し、50歳の頃には年間で200万円を超えてきます。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の退職金

法務教官の60歳定年時の平均退職金金額は2108万5000円です。
※内閣官房 国家公務員退職手当の支給状況より。60歳定年時データ。

サラリーマンの平均退職金で1880万円(大卒・大学院卒)ですから、世間一般の平均よりも若干高い水準に設定されているのがわかります。

法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の生涯年収・生涯賃金

国家公務員の賃金カーブを利用した法務省専門職員(法務教官・保護観察官・矯正心理専門職)の年収推移データをグラフ化して掲載しています。
各年齢別の年収推移、10代・20代・30代・40代・50代までのデータを一覧掲載。

年齢 給与 ボーナス 年収
22歳20万5333円90万3466円336万7466円
23歳21万5680円94万8996円353万7169円
24歳22万6029円99万4526円370万6871円
25歳23万6376円104万56円387万6573円
26歳24万7250円108万7899円405万4899円
27歳25万8649円113万8057円424万1848円
28歳27万49円118万8214円442万8797円
29歳28万1448円123万8371円461万5746円
30歳29万3374円129万846円481万1337円
31歳30万5827円134万5640円501万5569円
32歳31万8280円140万434円521万9801円
33歳33万733円145万5229円542万4034円
34歳34万2144円150万5434円561万1166円
35歳35万2512円155万1054円578万1200円
36歳36万2879円159万6672円595万1232円
37歳37万3248円164万2290円612万1265円
38歳38万2731円168万4020円627万6803円
39歳39万1331円172万1861円641万7847円
40歳39万9932円175万9703円655万8892円
41歳40万8532円179万7544円669万9936円
42歳41万6744円183万3675円683万4609円
43歳42万4567円186万8098円696万2911円
44歳43万2391円190万2520円709万1213円
45歳44万214円193万6943円721万9515円
46歳44万8650円197万4062円735万7867円
47歳45万7699円201万3876円750万6267円
48歳46万6748円205万3691円765万4667円
49歳47万5797円209万3505円780万3067円
50歳48万2256円212万1931円790万9015円
51歳48万6128円213万8965円797万2509円
52歳48万9999円215万6000円803万6003円
53歳49万3872円217万3036円809万9498円
54歳49万6984円218万6734円815万557円
55歳49万9340円219万7097円818万9184円
56歳50万1695円220万7461円822万7809円
57歳50万4051円221万7824円826万6435円
58歳50万1461円220万6433円822万3980円
59歳49万3929円217万3289円810万441円
生涯賃金:2億4132万4019円

※残業代は支給金額に関する詳細な状況が不明、また残業代が満額支払われることはほとんどないのが現状のため加味していない。
※本来なら(俸給+扶養手当+地域手当)であるが、詳細が取得できないため(給与*月数)で計算している。
※生涯年収は22歳~59歳の年収+退職金。上記定年退職者数を使用。

22歳の大卒時では年収は330万円~350万円程度。
30歳後半から40歳で600万円にまで年収が増加します。

その後も公務員らしく順調に収入は伸びていき、50歳で年収800万円近くとなり、定年間際で約800万円を超える年収となります。

生涯賃金は年収合計2億4132万4019円に退職金の約2000万円を加えた約2億6000万円程度になります。
※このデータには残業代など含まれていない手当てがあります。それらを含めると生涯賃金は3億円に近くになる事が予想されます。

年収ガイド人気コンテンツ

3000社以上の上場企業の年収ランキングを一覧表示。
日本の上場企業のランキングを全て見ることができます。1位の企業は果たして‥。

200職種以上の職業・資格が年収順にランキングされています。
高給取り職業の1位は?みんなの憧れのあの職業の収入は果たして‥。

年収ガイドの定番ランキング「全国市区町村所得・年収ランキング」
市区町村別に所得を算出して順位付け。日本の年収序列が明確にわかるランキングになっています。

全国1700市区町村の地方公務員の年収をランキング。
日本の公務員の年収序列が一目でわかる一覧データを掲載。